ヒントは上の子が近々歩き始めるという際

手芸が好きです。
元凶は上の人がやがて歩き始めるという日数。
オムツがゼロ枚混ざるくらいのがたいのローディング附属リュックが欲しかったのですが探しても売っておらず、
ならば作ってみようと思いたったのでした。
学生時代、ミシンでの手順が不向きだった自分が、乳児につきって約一月かけて、縫っては違うと解いて縫っては解いてって困難でしたが、
思った以上に喜ばしい出来ばえになり、それ以来幼児の物を中心に手芸を続けています。
今はかぎ針編みやクロスステッチにもはまっています。
かぎ針編みは幼児がくらいても針手順よりは危うくないのが良いです。ミシンとは違い音調がでないので寝る前のちょっとした時間にするのにも最適です。
下の人の夏場要件日除けケープをかぎ針編みしたのが最近仕上げたものです。
今は、上の人の寸法ポケットを作ろうって下の人が寝てる傲りに生地を切ったまでは良いのですが、
ミシンを出してする時間まで何やら取れずもどかしい思いをしています。
手芸は、そういったものがほしい!と思ったものを自分の思い通りに開発できたシーンが一番嬉しいです。
わが人が自分の作ったものを使っていただけるのも頼もしいものです。http://www.worldonenesscenter.com/